商品種類別

商品検索

使用用途別

各種資料

会社案内

登録サイト

見出しロゴデオリー各種資料

┃各社消臭比較試験 1

同じ環境同じ時間で各社消臭剤がどれくらいのアンモニアを消臭出来るか、比較した。


結果:
デオリーは、1時間後にはアンモニアを感知出来ないレベルまで激減させた。

┃各社消臭比較試験 2

代表的な消臭剤を集め、一定の時間でそれぞれがどれくらい悪臭物質を吸着したか比較した。


結果:
トイレの悪臭(アンモニア)、腐敗臭(トリメチルアミン)、有機有害物質(アセトアルデヒド)で試験し、 それぞれの試験でデオリーは飛び抜けた数値を記録した。
これにより他のどの消臭剤よりも消臭していることがわかる。

見出しロゴ他社の消臭剤と消臭方法のちがい

┃従来の消臭方法

市場でよく見る消臭剤での消臭の仕組みは、大きく分けて2つあります。
それは「物理吸着型」「化学反応型」この二つのタイプは、それぞれに大きなデメリットがあります。



┃デオリーと他社との違い

デオリーと他の消臭剤との違いは、臭いの原因物質を中和させ無臭化させています。
吸着対象をあらかじめ狭めている事で、より強力に長期間使用することが可能になっています。

吸着ポリマーに触れた瞬間、悪臭に対して中和反応を起こしますので、一度触れた原因物質は無臭化し、嫌な匂いが再現することありません。

香りでごまかすマスキング法を使用していないので、デオリーは無香料なのです。

吸着容量も、イソギンチャクの様な無数にある吸着高分子がニオイを吸着分解しますので、物理吸着型・化学反応型とは違い多くの悪臭を処理します。
気化せず、その場に残り続けニオイを消し続けるので、防臭効果を発揮します。



┃物理吸着型

このタイプの多くは、炭や活性炭等を使用した置き型の物やフィルターなどの消臭剤となります。
消臭方法は、その場において置く、又はフィルターなどで通過させる事で、炭などの表面にあるミクロ単位の穴にニオイの原因分子を取り入れることで消臭します。



┃化学反応型

このタイプの多くは、消臭したい物に対してスプレーする等で吹き付けたりして使用するものに見られます。
加工も簡単で安価なので市場ではほとんどと言っていいほど、このタイプの消臭剤があふれています。

仕組みは、ニオイの原因物質(発生源ではない)に分子をぶつけて破壊する方法が多いのですが、この方法は消臭できるニオイが限定されてしまうという欠点を抱えています。そのために消し切れない臭いに良く似た香りをつけることで、ごまかしをしているのです。これを「マスキング法」といいます。
(近年過剰なニオイによる頭痛なども引き起こされるようです)

化学薬品ですので、お子様やペットがいる環境では取り扱いに注意が必要になる商品がほとんどです。